LIFE×日本語教師

はじめまして。ajarnchaiです♪ 【Profile】 タイの大学で日本語教師3年→高校英語教師半年→日本で日本語教師(現在2年目) 関西を拠点に活動しています。 #マルチリンガル(タイ語、英語、中国語(少し)、フランス語(少し)) #テニス好き #旅行好き #読書好き #お寺巡り 【Activity】 ・毎日ブログ更新   ・毎日タイ語学習   ・毎週タイ語イベント主催 https://www.meetup.com/Osaka-Thai-Language-and-Culture-Meetup/  

釜山の旅2019

f:id:ajarnchai:20190817104505j:plain
ご無沙汰です。

3か月には一度、旅に出てリフレッシュしようと思い立ち、

お盆休みを利用して、韓国旅行へ。

釜山行きのチケットが往復で11000円!

東京へ行くより断然安いですね。

「なんでこんなややこしいときに、韓国へ」という声もありました。

周りに韓国人の友達がいますが、

メディアが言っているように深刻な対立があるのか、

韓国市民が実際どんな感情を抱いているのか、

敢えて肌で感じてこようと思い、初めての韓国へ。

今回の旅行では3つのことができました。



1 リフレッシュ

2 メディアを通さない、実際の韓国に触れてみる

3 英語を使わないで旅をする

1 リフレッシュ

旅を通じて、僕は改めて大自然が好きということに気が付きました。

最高じゃないですか。

海雲台(ヘウンデ)から見る海
f:id:ajarnchai:20190817104348j:plain
梵魚寺(ポモサ)ら見る山々
f:id:ajarnchai:20190817104215j:plain
装飾はタイのお寺と似ているものを感じました。

最高にリフレッシュできました。



2メディアを通さない、実際の韓国に触れてみる

【日本人だからという特別感はない】

観光地ばかりでなく、地元の人が行くようなところへも足を伸ばしてきた。

特別日本人だからという感じはしなかったです。

観光地では、韓国語で話しかけても日本語で返ってくるぐらいでした。

8月15日は確かに外へ出にくい空気はあった。

テレビやバスのCMでも独立74年記念についての報道があったし、

大きな公園などの場ではパレードや演説などが行われているようでした。

メディアで取り上げられているようなNO JAPANの横断幕も目に留まった。

やはり百聞は一見にしかずであった。

※ゲストハウスでの一幕

最終日の夜、共用スペースで作業をしていたら、

偶然日本語で話している人を見かけて、

勇気を持って話しかけてみた。

向こうも僕が日本人だということで、驚いた様子でした。

聞くところによると、ソウルで日本関係の仕事をしていて、

旅行で釜山まで来ていたという。

そんなこんなで盛り上がっていると、そこにいた台湾人、インドネシア人も

実は日本で留学しているという。

日本での生活、言語についての話で盛り上がり、気が付けば12時を回っていた。

日本で好きでいてくれて、本当に感謝している。

日本に対して特別な感情を持っている人もいると思うが、

日本人として、もう一度歴史を勉強し、

二度と過ちを犯さないことが大切だと改めて感じました。

3英語を使わないで旅をする

マルチリンガルを目指す僕としては新しい言語に触れることは喜びでしかない。

まずハングルが読めません!

数字の聞き取りがほとんどできません!

少し勉強していきましたが、

やはり実際に使えるかどうかは全く別問題でした。

メニューすら読めない。

バスや電車を間違えまくる。

とにかく必死だったように思います。

この感じ。これですよ。

この不自由を体験しに来たんですよ。

※太宗台(テジョンデ)での一幕

8月15日の朝、僕は太宗台にいた。

突然降り出した雨に打たれ、2kmほど離れた展望台から帰りのバス停を目指す。

ようやくバス停へたどり着くも、バス多すぎ!!

どれにのったらいいかわからずに、おばちゃんに声をかけました。

数字が聞き取れずにいると、

僕の手を握り、手のひらに数字を書いてくれました。

あの笑顔は忘れられないでしょう。

あのおばちゃんの優しさに泣きそうでした。



日本でも言葉がわからない外国人の方がたくさんいます。

僕もちょっとした親切心を行動にして、

一人でも多くの方が日本人のこと、日本のことを好きになってほしいです。

日本では当たり前にできていたことが

言葉がわからない国ではできない。

その体験から日本での生活に活かしていきたいですね。f:id:ajarnchai:20190817104312j:plain

釜山の旅2019

f:id:ajarnchai:20190817104505j:plain
ご無沙汰です。

3か月には一度、旅に出てリフレッシュしようと思い立ち、

お盆休みを利用して、韓国旅行へ。

釜山行きのチケットが往復で11000円!

東京へ行くより断然安いですね。

「なんでこんなややこしいときに、韓国へ」という声もありました。

周りに韓国人の友達がいますが、

メディアが言っているように深刻な対立があるのか、

韓国市民が実際どんな感情を抱いているのか、

敢えて肌で感じてこようと思い、初めての韓国へ。

今回の旅行では3つのことができました。



1 リフレッシュ

2 メディアを通さない、実際の韓国に触れてみる

3 英語を使わないで旅をする

1 リフレッシュ

旅を通じて、僕は改めて大自然が好きということに気が付きました。

最高じゃないですか。

海雲台(ヘウンデ)から見る海
f:id:ajarnchai:20190817104348j:plain
梵魚寺(ポモサ)ら見る山々
f:id:ajarnchai:20190817104215j:plain
装飾はタイのお寺と似ているものを感じました。

最高にリフレッシュできました。



2メディアを通さない、実際の韓国に触れてみる

【日本人だからという特別感はない】

観光地ばかりでなく、地元の人が行くようなところへも足を伸ばしてきた。

特別日本人だからという感じはしなかったです。

観光地では、韓国語で話しかけても日本語で返ってくるぐらいでした。

8月15日は確かに外へ出にくい空気はあった。

テレビやバスのCMでも独立74年記念についての報道があったし、

大きな公園などの場ではパレードや演説などが行われているようでした。

メディアで取り上げられているようなNO JAPANの横断幕も目に留まった。

やはり百聞は一見にしかずであった。

※ゲストハウスでの一幕

最終日の夜、共用スペースで作業をしていたら、

偶然日本語で話している人を見かけて、

勇気を持って話しかけてみた。

向こうも僕が日本人だということで、驚いた様子でした。

聞くところによると、ソウルで日本関係の仕事をしていて、

旅行で釜山まで来ていたという。

そんなこんなで盛り上がっていると、そこにいた台湾人、インドネシア人も

実は日本で留学しているという。

日本での生活、言語についての話で盛り上がり、気が付けば12時を回っていた。

日本で好きでいてくれて、本当に感謝している。

日本に対して特別な感情を持っている人もいると思うが、

日本人として、もう一度歴史を勉強し、

二度と過ちを犯さないことが大切だと改めて感じました。

3英語を使わないで旅をする

マルチリンガルを目指す僕としては新しい言語に触れることは喜びでしかない。

まずハングルが読めません!

数字の聞き取りがほとんどできません!

少し勉強していきましたが、

やはり実際に使えるかどうかは全く別問題でした。

メニューすら読めない。

バスや電車を間違えまくる。

とにかく必死だったように思います。

この感じ。これですよ。

この不自由を体験しに来たんですよ。

※太宗台(テジョンデ)での一幕

8月15日の朝、僕は太宗台にいた。

突然降り出した雨に打たれ、2kmほど離れた展望台から帰りのバス停を目指す。

ようやくバス停へたどり着くも、バス多すぎ!!

どれにのったらいいかわからずに、おばちゃんに声をかけました。

数字が聞き取れずにいると、

僕の手を握り、手のひらに数字を書いてくれました。

あの笑顔は忘れられないでしょう。

あのおばちゃんの優しさに泣きそうでした。



日本でも言葉がわからない外国人の方がたくさんいます。

僕もちょっとした親切心を行動にして、

一人でも多くの方が日本人のこと、日本のことを好きになってほしいです。

日本では当たり前にできていたことが

言葉がわからない国ではできない。

その体験から日本での生活に活かしていきたいですね。f:id:ajarnchai:20190817104312j:plain

タイで免許不携帯で運転した結果

そろそろ夏休みに入って、車で遠出するという方も多いのではないでしょうか?
Image result for traffic jam
最近悲惨な事故が後をたたないので、心配しております。
 
 
これから大型連休に入るにつれて、
取り締まりが厳しくなりますね~。
ということで、
今日はタイの警察についてシェアします。
Image result for ตํารวจ
タイの警察といえば、
軍人、教師に並び、国民に尊敬されている職業の一つです。
 
 
タイの警察は本当に偉大です。
規律を重んじ、僕を何度も助けてくれました。
 
タイに住んでいる当時、僕はバイクで移動することが多かったです。
車はビュンビュン飛ばすので、
安全運転に心がけていました。
 
ある日、いつものように運転していると
 
急に警官に止められ、
免許証を見せるように言われました。
 
出そうとすると、
あれ?ない!
 
 
いやいや、日本ではありえないです。
 
とりあえず、パスポートだけ提出。
 
 
終わった。
 
最悪、国外通報だ。
 
言われるがまま、
警察署へ。
 
 
ビクビクしながら待っていると。
 
 
どうやら罰金らしいです。
 
200 バーツかぁ。
 
まぁ、それくらいは取られるだろう。
 
 
恐る恐る罰金を払って、次はどんな仕打ちが来るのだろうと待っていると。
 
領収書に印鑑を渡され、
「よし、行っていいよ!気を付けて!」
 
「え〜、免許不携帯で止められたのに、
バイクに乗って帰るん!?」
 
本当にびっくりしました。
 
 
これ、帰ってる途中でまた捕まるやつやん!
 
そう思っていた矢先、
案の定、別の警官に止められました。
 
ヤバい。。。。
 
あ、あのときもらった領収書があるやん!!
 
当時の拙いタイ語で必死に説明したところ
 
 
「もう払ったんやね〜。
じゃ、気をつけて!」
 
「え〜!」
 
それで終わり?😅
 
その後数週間、
 
お守り代わりとしてその領収書を忍ばせていた。
 
 
※領収書を発行しないのに、罰金を要求してくることもあります。
 
どんなに小さい額でも証拠は残しておきましょう。
 
 
たぶん今は本当に厳しくなったと思いますので、
すぐに免許を取りに行くことをおすすめします。

☆ขอบคุณครับ☆

第7 回Kyoto Multilingual Gatheringも終わりました!
回を増すごとに参加者も増え、
今回は25 名Maxで満席となりました!

f:id:ajarnchai:20190721231439j:plain

次回から立席も考えなければいけません。
 
嬉しい悩みごとです。

毎回来てくださる方はいい方ですし、
国籍もバラバラで
多言語が飛び交い、
ほんとうにマルチリンガルらしくなってきたところです。

 

参加者の方からの
要望で開催回数を増やしてほしいとのことで、
来月から試験的に月に2 回開催に切り替えていきます!

 

旅行で来ていたメキシコ人の粋なはからいで、
いきなり歌ってくれたり、

クイズ大会をしたりと、
言語交換だけでない、楽しい場も提供できたと思います。

 

イベントのテイストを変えてくれて本当に感謝しております。

 

 

このイベントをやる理由として、
・日本には、多くの外国人が住んでいることをしること。
・彼らの言語コミュニティ提供すること。
・外国人の方が日本で日本語を使え場所を提供すること。
・私達日本人の言語能力を高めていくこと。
・海外に興味がある人通しを繋げ、新しい価値を創造すること。
・ひいては世界平和
以上があげられます😋

 

 

ただの日本語教師ができることなんて
たかがしれています。

でもお店のオーナーのご協力や、オーガナイザー的な視点で色々と意見を言ってくれる方のおかげで
なんとか続けられてきたいうことを
改めて認識しました。

ほんとうに感謝しております。

 

 

もし、以上のようなビジョンに共感し、

このイベントを一緒に作っていきたいという方がいらっしゃったら

 

ぜひ私までご連絡ください。

spq93kx9@gmail.com

個人的には

こういうイベントオーガナイザーをするものとして、
僕の英語もタイ語もまだまだプロとして
磨いていかなければいけないと思っています。

来週から言語学習にさらに熱を込め、日々精進して参りたいと思います。

僕自身、成長した姿を皆様に披露できるように努力します。

 

来月は8/9(金)と8/24 (土)
Kyoto Laundry Cafeにて開催します♪

・英語の練習がしたい人
・外国人の友達が好きな人
・海外好きの友達がほしい人
・海外旅行が好きな人

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

f:id:ajarnchai:20190721231450j:plain



ぜひ当日会場でお会いましょう✨

おつまみ

週末はお酒を飲んで楽しくという方も多いことでしょう。

実は関西でも

タイ料理を楽しみながら、お酒を楽しめるところが数件あります。

Image result for drinking

今日はレストランを紹介しながら、

タイの酒の肴をご紹介します。

 

まずレストランですが、

大阪の南海難波駅から歩いてすぐにある

TAI THAIさん

www.taithai.jpこちらはランチよりディナーがおすすめです。

スタンディングバーが併設されていて、

夜はなんばにあるにも関わらず、

しっぽりお酒とタイ料理を楽しむことができます。

 

飲み放題セットもあるうえ、

お酒のつまみになるものラインナップが充実しています。

 

 

おなじく大阪は日本橋に位置する

ファンサパロットさん

tabelog.com地元のタイ人の憩いの場となっていて、

一見さんはかなり入りにくいかもしれません。

 

ただ、お店に入っていくと、温かく向かい入れてくれます。

飲みながらだらだら過ごすこともできます。

店員さんはとても気さくな方たちです。

 

 

おすすめのあてですが、

①ปิกไก่ทอด pik gai thoot

タイ風手羽先です。

 

お店によって味は異なりますが、

名古屋の手羽先にも引けをとらない味わいです。

Image result for ปีกไก่ทอด

揚げる前に何かに付け込んでいることもあり、

ジューシーです。

 

一般的にチリソースをかけて食べますが、

これまた相性抜群です。

 

 

 

ビールに合う一品となっております。

 

 

ยำหอยนางรม yam hooy namrom

かきの和え物

 

Image result for หอยนางรม

 

見た目通り辛いので、

辛いものが苦手の人は注意。

 

レモングラス、赤玉ねぎ、ライム、

ナンプラーなどが効いていて、

スパイシーかつ香りが強く、癖になる人続出のメニューです。

 

辛さを抑えてもらってチャレンジするのもいいですね。

 

牡蠣好きにはたまらない一品ですね。

 

 

③ผักบุ้งไฟแดง pakbunfai deen

空心菜炒め

 

ただの空心菜炒めだと侮ってはいけません。

あげニンニクが香るビールの最高のお供なんです。


空心菜、唐辛子、

ニンニク、ナンプラー

タオジャオ(大豆ペーストのソース)

Image result for เต้าเจียว 意味

さえあれば、簡単に作れます!

④หมูแดดเดียว muu det diyaw

豚のジャーキー

 

Image result for หมูแดดเดียว

 

噛めば噛むほどおいしいとはまさにこのことですね。

どんなお酒にも相性抜群です。

タレはチリソースもいいですが、

そのお店の特性ソースを注文できるといいですね。

 

少し辛い場合が多いですが、

チリソースよりそちらのほうが相性がいいです。

 

 

タイ料理を食べに来たけど、おつまみがわからないという方、

ぜひ参考になればと思います♪

 

タイのことわざ

今日は一日中雨模様でしたね。
しとしと雨が降る
ポツポツ雨が降る
ザーザー降る
あげたらきりがありません。
 Image result for rain
擬音語、擬態語が多い日本語は
その曖昧さをよく表していますね。
 
 
 
言葉はその国の人の性格、性質を表す重要なツールとなっていることは
以前から注目していました✨
 
そこでタイ語のことわざを調べてみて完全主観で好きな諺を選んでみました。
 
 
สวยควายตาย
suwai kwaai thaai
水牛が死ぬほど美人
Image result for คนสวย
 
Image result for ควายตาย
美しさを誇張するために
水牛が死ぬほどという例えは
 
日本にはまずないですね。
 
あの巨体がひっくり返るほど、きれいな人という例えです。
 
水牛じゃなくて、象じゃないのかと思いました。
 
『人を信じるほど水牛はばか』という表現も聞いたことがあります。
 
大阪弁の「あほ」に近いような感覚で、
愛を感じます。
 
人と水牛がいかに近しい関係であったか、
こういった表現からも読み取れます。
 

icotto.jp
日本国内でも水牛と触れ合える体験ができるようです。

ぜひ行ってみたいですね。

 

กำขี่้ดีกว่ากำตด
gam kii digwaa gam tot
屁をつかむより大便をつかんだほうがいい
 
『どんなものでもないよりまし
という意味になるそうです。
 
確かに屁はつかめませんが、
大便はつかみたくないです(笑)
 
こういう少し汚い言葉で表すのもおもしろいですね。
 
 
ขมเป็นยา
kom pen yaa
苦味は薬になる
 
きつい言葉や厳しい経験はその後
よくなるために必要なものという意味です。
 
これを実践しているなという方も知っていますが、
そうでないタイ人が多い印象です。
 
中にはこの諺をいじって、
เหล้าเป็นยา
lao pen yaa
酒は薬
 
と表現するタイ人の友達もいました(笑)
 
お酒を飲んで忘れ、物ごとがよくなる(ようにみえる)
そうやって、忘れることも大切なのだと
教わりました。
 
 
 
 
 
 
 

タクシーの運ちゃん

今から6年前、僕はチェンライでの日本語き実習を終え、乗り換えのためバンコクにいた。
Image result for bangkok
初めての海外。
 
うだるような雨季の蒸し暑さ。
 
疲労で重くなった体。
 
 
滴る汗。
 
耳慣れないタイ語を聞きながら、
 
 
僕はホテルまでのタクシーを待っていた。
Image result for waiting for
Hey,Mr.Where you go?
一台のタクシーが止まり、
僕に声をかけてくれた。
 
I would like to go to〇〇 hotel 🏨
 
No, Have a good day Mr. 
I love you.
 
(じゃあ、乗せてくれよ!)
 
こんなやり取りが3,4台は続き、ようやくタクシーに乗ることに成功した。
 
こちらは2年前、バンコク
 
I would like to go to 〇〇 
No, traffic jam.
 
No, far.
 
(だから、タクシー使いたいねん)
 
No, no gasoline.
(じゃあ、何で今止まった) 
 
心の中でツッコミしながら、
一向にタクシーが捕まらない。
 
やっと捕まえたタクシーも
途中で運転手がトイレへ行くは
目的地から離れたところに降ろされ、高額料金を請求されたりしたこともあった。
Image result for คนขับรถ
 
でも今は彼らに好感を持ち、
むしろ人間らしいと思う。
 
というのも、帰国してから、あまりに我慢我慢が美徳とされていると感じたからだ。
 
お客様神様信教があまりにも浸透して、
当たり前とされている気がする。
 
ある居酒屋では、ビール一杯の値段が
店員さんの呼び方で決まるという話も聞いたことがある。
 
 
本来、120 %の価値を提供するのはとても難しいのに、
それをすることが当たり前だと考えられている。
 
 
 
もちろん120%の価値を提供し、
感動を与えることは素晴らしい。
 
僕もいつもそこを目指しているし、妥協はしない。
 
ただ、そこで
知らないうちに自分を追い込みて過ぎていないか?
 
まず自分が心身ともに充実していなければ、
120 %のサービスなど提供できない。
 
 
急成長というのはありえないので、
成長の間隔を短くしていく意識で十分。
 
焦らず、無理せず、急ぐ。
 
このマインドはタクシーの運ちゃんから気付かされたことです。
 
 
もうちょっとがんばってや〜と
思うこともあるが、
 
裏表のない態度、屈託のないあの笑顔、
 
やっぱり嫌いになれないなぁ。
 
ボッタクリされないタイ語一つシェアします!
ใช้มิเตอร์ด้วยนะครับ
 chai meter duwai na krap
メーター使ってね!
 
一回、メーター壊れたって言われたことあります(笑)

でいぜろバンコクさん
忠実すぎでしょ笑

youtu.be